ETS-VIIの概容

ETS-VIIホームページに戻る

ETS-VIIは現在、開発が進められている国際宇宙ステーションへの補給物資の輸送や、宇宙ステーション上で各種実験の実施、軌道上の人工衛星の点検修理、月惑星探査等の今後の宇宙活動に不可欠な「ランデブ・ドッキング技術の開発」、及び「宇宙ロボット技術の開発」を目的とした衛星で、平成9年11月28日に宇宙開発事業団種子島宇宙センタより国産の大型ロケットであるH-IIロケットで打ち上げられました。ETS-VIIは現在、高度約550km、軌道傾斜角35度の円軌道を飛行中で、打ち上げ後1年半に渡って、ランデブドッキング技術、宇宙ロボット技術の軌道上実験に使用されます。

  1. ETS-VII計画の概容
  2. ETS-VII衛星の概要
  3. ETS-VIIのミッションの概要
  4. ランデブドッキング実験計画
  5. 宇宙ロボット実験計画
  6. NASDA以外の機関によるロボット実験計画
  7. 原子状酸素モニタ
  8. ETS-VIIの打上げ・追跡管制・衛星運用
  9. ETS-VII関連地上システム
  10. ETS-VII関連データ
  11. ランデブドッキングの概要
  12. 宇宙ロボット技術の概要


ETS-VIIホームページに戻る