3月の衛星運用・実験計画/実績

更新日: 平成10年3月27日

衛星運用・実験計画は予告なく変更されることがあります。

月/M 日/D 曜日/W 運用予定・実績 備考
3

Mar.
1 HK運用 HK: House Keeping / 衛星状態をモニタする作業
2 ロボット初期点検 ロボット実験系計算機他の点検
3 ロボット初期点検 ロボットアーム関節動作試験
4 RVD系初期点検 RVD(ランデブドッキング実験系)搭載機器の機能確認
5 RVD系初期点検 (中止) 3/27に実施
6 HK運用
7 HK運用 原則として週末はHK運用
8 HK運用
9 AOM点検 AOM: Atomic Oxigen Monitor/原子状酸素モニタ装置
10 AOM点検
11 HK運用 当初予定のRVD系初期点検は4月に延期
12 HK運用 同上
13 HK運用 同上
14 HK運用 原則として週末はHK運用
15 HK運用
16 HK運用
17 ロボット初期点検 ロボットアーム関節動作試験
18 ロボット初期点検 ロボットアーム展開収納動作試験
19 ロボット初期点検 (TDRS回線が確立せず、3/20に延期)
20 ロボット初期点検 ロボットアーム自動動作機能試験/
搭載機器目視検査(ビデオ有り)
21 HK運用
22 ARH初期点検 ARH:Advanced Robot Hand /通産省の高機能ハンド実験装置
23 ARH初期点検
24 ARH初期点検
25 ARH初期点検
26 ARH初期点検
27 RVD初期点検、TRR展開 ランデブドッキング実験系点検/ターゲット衛星の固定解除(*) (ビデオ有り)
28 HK運用
29 HK運用
30 NAL/CRL初期点検 NAL/CRL機器の機能試験
31 NAL/CRL初期点検 CRL/NAL機器の機能試験


3月の運用成果の概要

(*注)チェイサ衛星とターゲット衛星はドッキング機構で結合されますが、ロケットの打上げ段階には両衛星を強固に結合してロケットエンジンからの音響振動等に耐えられる様にしておく必要があるため、ターゲット衛星保持解放機構(TRR)によりターゲット衛星はチェイサ衛星の固定されています。3/27のTRR展開以降はドッキング機構によりターゲット衛星は保持されます。

衛星運用結果の概要

衛星運用中の取得画像

翌月(4月)の衛星運用計画

ETS-VIIホームページに戻る