ETS-VIIホームページに戻る

6月第1週の衛星運用・画像公開スケジュール
(Weekly plan, 1st week of June)

今週はスペースシャトルの打ち上げが予定されており,データ中継衛星の利用時間の確保が困難なため,ETS-VIIの実験運用は限定されたものとなります。

Update:1998/06/01

前週の計画 翌週の計画 6月の実験運用計画 実験運用計画 index

月/
Month
日/
Day
曜日/
Week
時間帯/JST 作業内容 / Tasks Live video Note
6

Jun.
1 月/M
HK operation No
2 火/T
HK operation No
3 水/W
HK operation No
4 木/T
HK operation  No
5 金/F
11:19-11:54
12:52-13:31
14:34-15:09
16:16-16:50
18:16-18:33
19:44-20:07
21:33-22:06
23:13-23:43
00:55-01:18
RVD function check
GPSR initialize
GPSR,RVR c/o
GPSR,RVR c/o
param setting
monitoring
PXS c/o
RVD system c/o
post c/o tasks
spare
Yes
(Video 21:49-21:55)
GPSR: GPS receiver
RVR: Rendezvous Radar
PXS: Proximity sensor
c/o: check out
6 土/S
HK No
7 日/S
HK No
(注1) 上記の時間帯はデータ中継衛星を使用してETS-VIIを運用する時間帯を示しており、実際に画像が公開される時間帯は、上記時間帯の一部で、画像を取得しない時間帯もあります。また、在来のUSB回線地上局を使用した運用(実験以外の作業)時間帯は表示されていません。
(注2) USB運用:従来のNASDAの衛星が使用しているUSB回線(Unified S Band)による地上局と衛星との直接通信による運用で、ETS-VIIが実験を行っていない時は本モードで運用されています。
(注3) HK(House Keeping)運用:衛星の状態を確認する運用で、実験/画像取得は行いません。
(注4) ロボット系の作業は衛星に太陽の光が当たっている時間帯でかつ、西経171度の赤道上空に静止しているデータ中継衛星(TDRS)からETS-VIIが見える(通信できる)時間帯に行うため日本時間では常に早朝の時間帯となります。