ターゲット衛星操作実験

1999/03/19

(1)実験の主旨

ETS-VIIのロボット実験の一環として、ETS-VII搭載ロボットアームでターゲット衛星を移動操作する実験を行う。本実験の狙いは以下の技術項目の評価を行うことである。

(2)実験方法

実験は概ね、以下の手順で実施される。

(3)実験スケジュール

(4)実験の概念図

 図1(1/2) ロボットアームによる「おりひめ」の移動動作の概要
(1(約300mm)、2(約440mm)の動作の往復を実施する。)


 図1(2/2)肩監視カメラから
の予測画像(図1(1/2)の状態)