若田宇宙飛行士によるETS-VII搭載ロボット遠隔操作実験(実験計画)

(1)実験目的

現時点で実用化されている唯一の宇宙ロボットであるシャトルマニピュレータとETS-VII搭載ロボットアームについて、その機能、操作性、運用性等について比較評価を行い、ETS-VII後期利用段階の実験、ETS-VII後継機計画の検討、及び今後の宇宙ロボットの研究開発に反映させる。より具体的には、以下の事項について評価する。

(2)訓練/実験日程