ETS-VIIホームページに戻る

NASDA/ESA共同ロボット実験の結果(速報)

1999/04/08
ETS-VIIプロジェクトチーム

宇宙開発事業団(NASDA)と欧州宇宙機関(ESA)は、共同で技術試験衛星VII型(ETS−VII)を使用したロボット実験を行いました。

(1)実験の枠組み

実験は、1997年に合意された了解覚え書き(MOU)に基づき、以下の方針で実施されました。

(2)実験内容

以下の実験が計画され、全て実施されました。

図-1: ESAの運用装置の画面 図-2: NASDAのロボット実験運用設備
機能的にはNASDAのロボット実験運用設備
と類似であるが、1台の計算機で処理してい
るため、機能は限られている。
コマンドの実行状況はフローチャート
形式で表示されている。コンピュータ
グラフィックスので表示したロボットの
リアリティも非常に高い。

(3)実験の成果


ESAが持込んだのはワークステーション1台のみ
テレビとビデオデッキは日本(つくば)で購入
ノートパソコンは電子メール端末

(4)実験の様子

実験の様子は、こちらをご覧ください。

ETS-VIIホームページに戻る