宇宙航空研究開発機構 サイトマップ

宇宙ロボティクス/Space Robotics >>サイトマップ >>お問い合わせ >>English
JAXA's Space Robotics

 トップ宇宙ロボットとは?> 飛行士支援ロボット
有人宇宙活動を支援・代行するロボット

宇宙活動の拡大に伴い、宇宙飛行士を含むミッションも増えてきますが、宇宙飛行士を宇宙に送り、滞在させ、安全に地上に帰還させるには高い安全性を有する輸送システム、居住システムが必要であり、その費用は巨大です。しかしながら、現状のロボット技術にも限りがあります。そのため、宇宙飛行士とロボットの適切や役割分担が必要となります。  

地上の産業用ロボットなどはロボットが動作する領域が柵等で区分されていますが、宇宙では宇宙飛行士と宇宙ロボットが一緒になって働くことが期待されています。そのためロボットには宇宙飛行士と一緒に働くための安全性、協調作業性が必須です。また、宇宙飛行士が操作する工具、器具等をロボット自身が操作できる器用さも求められます。

このようなロボットを「有人宇宙活動支援ロボット」とJAXAでは定義しています。本ロボットには、在来の軌道上ロボットの技術に加えて、下記の技術が必要となり、研究開発が進められています。
  • 宇宙飛行士並の空間移動能力
  • 宇宙飛行士並みの器用な作業能力
  • 宇宙飛行士との協調作業能力
JAXAでは、宇宙飛行士並みの器用さと握力を有するロボットハンドの開発を進めると共に、2012年に国際宇宙ステーション日本実験棟(きぼう)で、有人船外活動(EVA)支援ロボットの実証実験を計画しています。詳しくは、下記を参照してください。

有人船外活動(EVA)
  若田宇宙飛行士
ロボットハンド   REX-J


ページトップへ戻る↑


JAXA's Space Robotics


Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約 ヘルプ