02topics
トップ>トピックス


トピックス

[平成23年度「宇宙の日」筑波宇宙センター特別公開 開催報告](2011年10月17日更新)

公開の様子  平成23年度「宇宙の日」筑波宇宙センター特別公開が10月15日(土)に行われました。 宇宙ロボット実験室の公開は1年半ぶりとなりましたが、雨模様にもかかわらず、約2400名もの方々にお越しいただきました。今回は、2012年打ち上げ予定のEVA支援ロボット実証実験(REX-J)の地上実験モデルやロボットハンドなど、ロボティクス研究グループが行っている様々な宇宙ロボットの研究についてご紹介させていただきました。また、メッセージボードにもたくさんのREX-Jプロジェクト応援メッセージの書込みをいただき、スタッフ一同感謝しております。ありがとうございました。 応援メッセージの一部 応援メッセージ書き込み
 なお、JAXAクラブ動画ニュースにも「REX-J」が紹介されていますので是非ご覧ください。

[米国航空宇宙学会(AIAA)の大会(AIAA Space2011)においてAIAA Automation and Robotics Awardを受賞](2011年10月11日更新)

AIAA受賞の様子  日本の宇宙ロボット開発の先駆けとして、1997年8月にスペースシャトルの貨物室で実施されたマニピュレータ飛行実証実験(MFDミッション)、及び1997年11月にH-IIロケットで打ち上げられた技術試験衛星VII型(ETS-Z/おりひめ・ひこぼし)では、それまでに開発されていたスペースシャトル搭載マニピュレータのようなクレーン型のロボットアームに対して、機器の交換等の精細な作業が出来るようにしたこと(MFDミッション)、及び、人工衛星に搭載されたロボットアームを地上から遠隔制御することにより、各種の作業ができることを世界に先駆けて実証しました(ETS-Z)。
 これらの成果に対して、MFDミッションを行ったJEMチーム、及びETS-Zチームが米国航空宇宙学会からAIAA Space Automation and Robotics Awardを受賞することになり、ETS-VIIを代表して、ETS-Z計画の提案者であり、同衛星でのロボット実験のリーダであった現JAXA研究開発本部未踏技術研究センターロボティクス研究グループ技術領域リーダの小田光茂氏が、またJEM/MFD開発チーム員だった現JAXAセキュリティ室長の佐藤隆久氏がMFD/JEMチームを代表して、2011年9月28日に米国カリフォルニア州ロングビーチ市で開催された米国航空宇宙学会(AIAA)の大会(AIAA Space2011)に参加して、同賞を受領しました。
 技術試験衛星Z型(ETS-Z/おりひめ・ひこぼし)は、旧宇宙開発事業団(旧NASDA)が1997年11月に打ち上げた人工衛星で、宇宙ステーション補給機(こうのとり)の開発に必要な自動ランデブドッキングの実験を行うと共に、衛星搭載ロボットアームを地上から遠隔制御することにより搭載実験器機の交換、燃料補給(模擬実験)、ターゲット衛星捕獲等の作業が行えることを示しましたが、同衛星の打ち上げから既に14年が経過しているにも係わらず、ETS-Zの成果を超える宇宙用ロボットはいまだに実現されていないことから今回の受賞となったものと思われます。 なお、今回の表彰に際しては、「はやぶさ」チームも、「2011 AIAA Space Operations and Support Award」を受賞しています。

[平成21年度「宇宙の日」筑波宇宙センター特別公開 開催報告](2009年10月22日更新)

テザーロボット移動実験の様子 平成21年度「宇宙の日」筑波宇宙センター特別公開が10月17日(土)に行われました。 宇宙ロボット実験室では、2011年度に打ち上げ予定のREXJ(EVA支援ロボット実験)について、ロボット実験の内容をわかりやすくご説明できるように、テザー式ロボットの地上実験装置をイベントブースに持ち込んで、アニメーションとテザーロボットの移動実験を実際に行いました。子供たちには、ゲーム機のコントローラを使ってロボットを動かしてもらうなどたくさんの方々に楽しんでいただきました。

テレビ番組「ロボつく」の収録(2009年07月13日更新)

収録の様子 宇宙ロボット実験室で、テレビ東京日曜朝9時〜9時半に放送されている子供向け科学番組「ロボつく」の番組収録が行われました。実験室にある各種のロボット実験装置を、取材に訪れた3名の「ロボつく研究員」たちに動かしてもらい、宇宙ロボットの開発現場を体験してもらいました。放送は7月末から8月はじめの予定です。是非ご覧ください。

[平成21年度「科学技術週間」筑波宇宙センター特別公開 開催報告](2009年04月18日更新)

精細ハンドのデモストレーションの様子 平成21年度「科学技術週間」筑波宇宙センター特別公開が4月18日(土)に行われました。 宇宙ロボット実験室ではたくさんの実験研究の展示・デモを行いました。その中でも 新たに開発した精細ハンドと産業用ロボットを組み合わせた実験装置のデモンストレーション には大変好評をいただきました。2011年打ち上げ予定のREXJ(EVA支援ロボット実験)についても多くの皆様に関心を もっていただきました。また、今回もたくさんの応援メッセージをいただきスタッフ一同 大変感謝しております。ありがとうございました。 スタッフ一同 応援メッセージ


バナー